おでかけレポート

TOPクルマ旅とバイクの部屋おでかけレポートTOP>おでかけレポート


08-09年越し旅は茨城・千葉方面へ <2008年12月>

今回の年越し旅は、12/26出発で福井・京都方面を計画していた。
タイミングが合えば、兵庫のnyaponの実家にも顔を出してくるかと。(クルマの停められない家なので、クルマ旅の途中では、立ち寄る事すら難しい・・・。 苦笑)

しかし、nyapotaの得意技「出発直前で発熱」が炸裂。 出発延期ののち、目的地変更・・・。
まあ、ちょうど日本海側は大雪らしいし、nyapotaも100%復活という訳ではないので、北関東から比較的暖かい房総半島を周る計画に。 例によってどこで年を越すのかは、行き当たりばったりで。


今回も、「パーク&ライド」の駐車場を利用
関東鉄道常総線 騰波ノ江駅





沿線は、北関東の広々とした田園風景が





初日の出ならぬ、2008最後の日の出(笑)
大洗海岸





「おさかな、いっぱいだじぇ・・・」
アクアワールド大洗





イルカのジャンプには、nyapotaも大興奮!
アクアワールド大洗





三浦半島も富士山もくっきり
道の駅「きょなん」





鉄道写真家 広田泉さん
(快く、写真掲載のお許しを頂きました。)





広田さんに教えて頂いた、撮影ポイントで
内房線 保田駅付近





「列車、来ませんよ・・・」 ゆず
小湊鉄道 上総鶴舞駅





横浜港名物 「キリンの群れ」(笑)
首都高湾岸線 ベイブリッジから

1日目

12/29、お風呂と軽い食事を済ませ出発。 明日、関東鉄道常総線に乗ろうという事だけは決めて来たので、常磐道守屋SAを目指す。 東名・首都高・常磐道ともクルマは多いが順調。 ただ、盆正月の恒例、いかにも高速を走り慣れていない動きのクルマも多く、防衛運転に気を付けねば。
守屋SAでは、夜食におそばを食べて就寝。


2日目

このSAはドッグランもあるが、まあ、ゆずは大して興味なし。 隣の池の水鳥と遊ぶ方が、楽しそうである。 駐車枠は昨晩は空いていたが、朝から結構混んでいる。

朝食を済ませ出発。 すぐ先の谷和原ICを降り、常総線沿線を北へ。 今回も、「パーク&ライド」の駐車場を利用して乗車してみようと思う。 駐車場は何ヶ所かの駅にあるのだが、どうせなら街中でなく、風情のある駅が良いと騰波ノ江駅に決定。 新しい駅舎だが、落ち着いたデザインで、周囲の風景も良い感じのよう。

着いてみると、いかにも北関東のローカル線の小駅。 山間のローカル線も良いが、、北関東の栃木・茨城あたりの、この山も海も遠い平たい広い風景の中を行く列車の感じも好き。

1日フリー切符を使い、全線を1往復。 この後筑波山に行ってみるつもりだったが、良い時間になってしまったので、本日の目的地、大洗海岸へ向かう。

途中の立ち寄り湯でお風呂と食事の予定だったが、既に年末休業。 代わりに行ったところは、古いいわゆる「健康センター」で安いが設備はイマイチ。 食事も「これならクルマで食べよう・・・。」と。 失敗だった・・・。

大洗海岸の駐車場は、海岸前の絶景ロケーションだが、闇の中から「ドッパーン!」という波の音は、ちょっと迫力ありすぎ。 公衆トイレは残念ながら夜間閉鎖。


3日目

初日の出は明日だが、せっかく日の出の名所なので、ちょっと早起き。 三脚を立てて待ち構えている人もいたり、家族連れや若い人のグループも結構来ている。 明日は駐車場も一杯になるんだろうな。 我が家も、年始画像用に「初日の出風」の写真を撮影。(笑)

今日は、nyapotaにすぐ隣の水族館を見せてやろうと思う。 ここでは、茨城に帰省中のnyamoの同僚で、nyapotaの託児所仲間がいるご家族と合流。 イルカショーなどを一緒に見て周る。

お昼を一種に食べて解散。 我が家は、房総半島へ向かうため南下を始める。 本当はひたちなか海浜鉄道も見たかったが、茨城交通時代に一度訪れているし、またの機会に。

鹿嶋、銚子を抜け犬吠埼に着いてみると、やはりもう日没前。 銚子電鉄の乗車もあきらめる。 日帰り入浴のできる京成ホテルの駐車場にクルマを停め、前にも行ったことのある犬吠駅まで、名物ぬれ煎餅を買いにnyapotaとゆずのお散歩。

ホテルに戻り、「さあ、お風呂だ」とフロントへ行くと、「本日の日帰り入浴の受付終了」の掲示。 ぬれ煎が失敗だったか・・・。 今回2連敗目。(笑) 行き当たりばったりがモットーの我が家も、さすがにこれはマズいと第2候補に電話を掛けて営業を確認し、急いで向かう。 確かに、今日は大晦日だしなぁ。

2回目の九十九里のかんぽの宿で温泉に入り、スーパーで買出しを済ませる。 夜のFFヒーターのために給油も済ませ、ここも2回目の蓮沼の道の駅へ。 ここで年越しする事に決定。 九十九里での初日の出目当てかキャンカーも多く、10台以上泊まっている。 我が家は、昨日の大洗海岸で充分。(笑)

夕食後、まったりしながらテレビで紅白を見ようとするが、なぜかNHKだけ受信せず。 民放の格闘技やバラエティなど見る気もせず、携帯のワンセグでの紅白も疲れるので、あきらめて就寝。 昨年に続き、極めてあっさりした我が家の年越しであった。(笑)


4日目

元日の今日は館山へ向かう。
今日は、ご縁があって、nyapon & nyamo 憧れの鉄道写真家 広田泉さんにお会いできるのだ。 広田さんもキャンカー乗りで、よく撮影にも使われているとのこと。 今日は館山で一緒にP泊の予定。

初めての九十九里有料道路を走るが、強い風でまっすぐ走るのが難しい。 鴨川ではギリギリでシーワールド渋滞にも遭わず、お昼前には館山の温泉施設へ到着。 昼食もここで済ます。 沖ノ島の海岸でP泊の予定だったが、海際は風が強そうなのでと、北上して鋸南の道の駅集合に変更。

19:00過ぎには広田さんも到着。 広田さんのキャンピングカーで歓談させて頂いた。 nyapon & nyamo は憧れの写真家さんにお会いできて感激だが、nyapotaも遊んでもらって、すっかりご機嫌なのであった。(笑)


5日目

朝は、我が家のやどかり3号にお招きして、広田さんの撮影機材を見せて頂いたり、nyapota愛読の広田さん撮影の絵本にサインをしてプレゼントして頂いたり、楽しい時間を過ごさせて頂いた。

南へ向かう広田さんと別れ、教えて頂いた鋸山と富士山の見える撮影ポイントへ。 その後、内陸に入り養老渓谷の立ち寄り湯へ向かう。 養老渓谷は2度目だが、最近できたお風呂は初めて。 お風呂は良かったが、湯上りにゆっくりできないのが残念。

その後、nyapotaが生まれてからは初めての小湊鉄道を見ようと定番の月崎駅に行こうとするが、日が傾き始めたので、山陰にならなそうな上総鶴舞駅に変更。 ちょうど夕暮れで「夕陽ギラリ」のカットを期待するが、着いてみると年末年始の休日ダイヤで日没までに列車は来ない。(苦笑) 駅風景のスナップのみで終了。

これからでも充分帰れる時間だが、渋滞の夜の首都高など走りたくないので、もちろんもう1泊。 ローカルのホカ弁屋さん兼コンビニで夕食を仕入れ、市原の道の駅へ。 ここも風がとても強く、隣の木の枝がクルマのボディにバシバシ当たり、寝ようとしてもうるさい。 停める位置を誤った・・・。


6日目

翌日は帰るだけの日。 市原ICも近く、まっすぐ東京湾アクアライン方面へ。 相変わらず風が強く、路上の表示機では「風速17m」とか。 アクアラインも川崎からの首都高湾岸線も80km以下で走るが、気を抜くとすぐに半車線くらい吹っ飛ばされ、なかなか手に汗握るドライブだった。

クルマは多いもののまだ午前中で、Uターンラッシュとも逆方向のため、順調に神奈川まで帰ってこられた。

今回は、出発前の予定通りだったのは最初の常総線乗車と水族館だけという、なかなかの行き当たりばったりぶりだった。 そもそも出発前から、nyapotaの熱のおかげで大変更だったのだが。

来週も、nyaponの年休消化で4連休の予定。 nyamoが、また何やらお出かけを計画中。 nyapotaには内緒にしておかなくては、また熱出しそう・・・。(笑)


【 5泊6日 / 725km 】

汽車見物の成果はこちらから >>> 「"汽車"を見に行こう

ページトップへ

おでかけレポート TOP へ戻る


Copyright (C) 2001-2017 nyapon.com All rights reserved.