おでかけレポート

TOPクルマ旅とバイクの部屋おでかけレポートTOP>おでかけレポート


夏旅2013 東北応援ツアー#2 山形・福島<2013年8月>

今年の夏旅は、昨年の北海道帰りにも立ち寄ったけど駆け足になってしまった東北方面へ。
目指すは山形と福島方面。 nyapon & nyamoは、まだ行ったことのない蔵王の御釜が見てみたい。 nyapotaは大好きな水族館。 nyamotaは「新幹線つばさ号が見たい!」。 帰りには、我が家の定番コース福島いわきに立ち寄って、「見る&食べる」のおさかな三昧も計画♪



レストハウスがどっちなのやら(苦笑)
蔵王レストハウス駐車場


白鷹ヤナ公園


月山湖の大噴水


酒田 山居倉庫


「つばさ号きたよ!」
奥羽本線(山形新幹線)板谷駅


「今日もいいお天気ですね」
道の駅つちゆ


「しゅしゅぽっぽきたよ!」
磐越西線 一ノ戸川鉄橋


アクアマリン ふくしま


今年は海鮮丼♪


「ゆず、あついねぇ・・・」


いわき市石炭・化石館「ほるる」

1日目

朝から、やどかり3号のタイヤ空気圧点検と洗車。 nyamoは、最後の荷物の積み込みを完了。 予定より早く、お昼過ぎにはお風呂も済ませて夏旅へ出発。

東北方面への我が家の定番ルート。 圏央道高尾山ICから関越、高崎から北関東道回りで東北道へ。 明日の朝から渋滞予想の出ている、福島の安達太良SA付近を越えておきたかったので、国見ICまでがんばり、小坂峠を越えて宮城の七ヶ宿の道の駅で本日の予定終了。

途中、福島の吾妻PAでは、久しぶりの「酪王のカフェオレ」をゲット! やっぱり美味しいなぁ♪

2日目

いよいよ念願の「御釜」を見に行こうと、蔵王方面へ。 山の方はガスが出ているなと思っていたら、エコーラインからハイラインに入る頃には濃霧に。 結局、レストハウスで玉こんにゃくを食べただけで下山。(苦笑) 下りも視界10m程度、カーブも対向車もほとんど見えず、ソロリソロリと慎重に・・・。

午後は、2度目の白鷹のヤナ公園へ。 nymota、最初はビビッて固まっていたけど、慣れてくると水飛沫に大はしゃぎ! 前回と同じく、川は増水していて、収穫はゴミや木の枝ばかりだったけど。(苦笑)

その後は、西川で温泉に浸かってさっぱりしてから月山湖へ。 ちょうど時間が合った、大噴水を見物。 月山道路を抜けて、月山の道の駅で本日終了。 明日の朝は、併設の博物館で開催中の、恐竜の化石の展示を見てから出発したいとnyapota・・・。

3日目

今日は水族館に行く予定なので、駐車場のことを考えて、nyapotaには恐竜の化石見学は断念してもらった。 案の定、鶴岡の加茂水族館に到着してほどなく、駐車場は満車に。 クラゲの飼育数でギネスに載るだけあって、大きいのから小さいのまでなかなか綺麗で、ちょっと癒されたかも。(笑)

次は、今回のメインの目的地と言っても良い、酒田の山居倉庫へ。 nyaponも、近代化遺産好きとしては以前から来てみたかった。 チビ2人にはつまらないだろうと思っていたけど、 ケヤキ並木にたくさんくっついたセミの抜け殻に大はしゃぎ!

その後は時間も早いので、鳥海山ブルーラインで5合目へ。 ・・・昨日も見た気がするな、この真っ白い風景。(苦笑) まあ、「涼みに行ってみるか」と向かったので、ゆずさんと涼しい散歩ができたのでOK!

今日は、最上川を遡って、戸沢の道の駅で予定終了。

4日目

朝起きると、目の前に最上川の流れを見下ろせる、すばらしいロケーションだった。
今日は、「鉄」分補給の日。 ゆずさんと遊びながら陸羽西線の時刻表を見ていると、約30分後に最寄の駅で交換があるので急いで移動して見物。

その後は、新庄からR13に沿って、nyamotaのリクエストだった、 山形新幹線「つばさ」を適当なポイントで見物しながら福島まで。 板谷駅では、運転士さんがnyamotaを見つけて「プァン!」と警笛サービス!

今日は、二本松で温泉に入って少し戻り、土湯の道の駅で終了。 標高も高く、涼しくてご機嫌! 心残りは米沢ラーメンを食べられなかったことか・・・。(苦笑)

5日目

土湯の道の駅、標高も高く周囲も開けているので、満天の星空。 ちょうど出現のピークだった、ペルセウス座流星群が堪能できた。 3時前に起きて、トイレまで往復する間にも数個は流れる感じ。 nyamoは、しばらく外のベンチで観察会。 長袖でも寒かったらしいけど・・・。

今日は、裏磐梯から喜多方に抜け、山都へ。 nyamotaにSL列車「ばんえつ物語」号を見せるために。 有名撮影ポイント、一ノ戸川鉄橋へ3度目の訪問。 今回は、チビ2人とのんびり見物のため、少し離れた丘の上から。 nyamotaに「昨日のつばさ号と、どっちがカッコ良かった?」 と訊くと、「しゅしゅぽっぽ!」(笑)

その後は、猪苗代の「会津民族館」を見学してから、 郡山市内の温泉に浸かってさっぱり。 平田の道の駅まで移動して予定終了。 ここも涼しくて快適。

6日目

昨年の夏旅に続き、いわきでお魚三昧。 我が家の定番コース。 午前中は、アクアマリンふくしまで「見る」方を堪能。 お昼は、いわき・ら・ら・ミュウで「食べる」方も。 兄弟揃って魚好きのチビ2人。 特にnyapotaは、「大根おろしに醤油をかけたのを一緒に食べるおさかな」と、子供らしからぬ渋いリクエスト。(笑)

食後、ゆずさんはお散歩、チビ達は室内遊園地で気分転換。 その後、nyaponの行ってみたかった、石炭・化石館へ。 nyaponは炭鉱の歴史、nyapotaは恐竜の化石が見たくて、珍しく意見が一致。(笑) nyamotaは、恐竜の骨格標本に「かいじゅー、こわい」(苦笑)

お風呂はすぐ近くにある、いわき湯本温泉の立ち寄り湯へ。 さっぱり系のお湯で、この旅の中で一番お気に入りの泉質だった。

昨日と同じ、平田の道の駅に戻って予定終了。 当初の計画はすべて終了したので、予定より2日も早いのだけど、明日は帰途につくつもり。 これも、予約や予定に縛られない、行き当たりばったりクルマ旅の良いところ。

7日目

あぶくま高原道路、東北道、北関東道、関越道、そして圏央道を華麗に乗り継ぎ(笑)、13時過ぎには無事帰宅。 nyamoの完璧なプランニングで、渋滞や駐車場待ちには全く遭わずに全行程を終了した。

夏旅2013の総括。

基本的に「夕食は温泉施設の食堂で」というパターンだったけど、どこもリーズナブルで美味しくてボリュームもあって、大正解だった♪ 大体、行程中に1回は「ガッカリ」があるものなのだけど。(苦笑)

P泊地は、今年もできるだけ標高の高い所を選んだ。 これも正解で、到着直後こそエンジンの熱で多少暑いけど、どこでも、寝るときはファンを止めないと寒いくらいだった。 今まで「標高1000m超」を基準にしていたけど、そこまでは必要なく、やはり地形の影響が大。 昨日の「ひらた」など、500m弱だったし。

さて、北海道や東北方面への旅の後のお約束、潰れた虫で凄い事になっている、やどかり3号の顔。 洗車は明日がんばろう・・・。

【 6泊7日 / 1603km 】

ページトップへ

おでかけレポート TOP へ戻る


Copyright (C) 2001-2017 nyapon.com All rights reserved.