おでかけレポート

TOPクルマ旅とバイクの部屋おでかけレポートTOP>おでかけレポート


13-14 年越し旅 金太郎の国から桃太郎の国へ<2013年12月>

例年、年越し旅は、スタッドレスを履いているとはいえヘビーな雪道は辛いので、西の方へ向かうことが多い。 過去には、四国とか南紀とか。 今年は岡山を目指してみようということに。 九州旅の時には、往きは高速で直行、帰りは山陰を周ったりして、若干空白地帯となっていたので。 隣りの兵庫出身のnyaponはともかく、修学旅行で行ったnyamoも「印象薄し」。(苦笑) いざ、「金太郎の国」から「桃太郎の国」へ!



笠岡 カブトガニ博物館


鷲羽山 山頂から望む、下津井瀬戸大橋


下津井 たこづくし料理♪


下津井電鉄 下津井駅跡


父ちゃんも、コレなら乗れる(笑)


倉敷 美観地区


「新幹線カードもらったじぇ♪」


岡山城


岡山後楽園


きびだんごでお茶休憩♪


「今回、お留守番が多くないですか?」


世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」


ベトコンラーメン(しょうゆ&みそ)


福袋&福箱、今年の戦利品!


nyapota撮影の桃太郎さん

1日目

圏央道から東名に乗り継ぎ、西へ。 今日は完全に移動日。 早朝から清水付近の事故で通行止めになっていたけど、無事解除。 いつもどおり東名へ直進。

途中のPAで、前から気になっていた三河地方のご当地ラーメン、「キリンラーメン」を見つけてお買い上げ。 これは帰ってからのお楽しみ♪ 名古屋からも、久しぶりに新名神じゃなくて無印の方へ。 関ヶ原から望む、雪を被った伊吹山がきれいだった。 しかし、ずっと横風が強く、なかなかスリリングな走行が続く。(苦笑)

大津付近が渋滞との表示が出ており、京滋BPで大津、京都を回避。 吹田JCTも宝塚東/西TNも、渋滞名所を順調に通過して、神戸JCTから山陽道へ。 本日、三木SAで予定終了。 明日は、さらに西へ。

2日目

さらに2時間ほど西に走り、岡山の笠岡ICまで。 まずは、笠岡のカブトガニ博物館へ。 昨日は一日中移動だったので、今日は、チビ達を遊ばせる日。

カブトガニ博物館は、「生きている化石」ということで生命の歴史の展示も。 恐竜好きnyapotaはご機嫌だけど、nyamotaは「かいじゅーこわい」。(苦笑) クルマに戻って昼食の後は、隣接の公園へ。 nyapota、サンタさんにお願いしていた「おそとであそべるらじこん」で遊ぶ。 nyamotaはゆずさんとお散歩を。

せっかく笠岡に来たので、nyaponの希望で「井笠鉄道記念館」へ。 残念ながら休館中だったけど、外から保存車両を見学できて満足。

福山市内の温泉に浸かってさっぱり&夕食。 また岡山に戻って、笠岡の道の駅で本日の予定終了。 イルミネーションが綺麗♪

3日目

今日は、朝から電車に乗って倉敷へ。 nyaponは初めての倉敷。 駅から歩いて美観地区まで。 町並みを散歩しながら、おだんごを食べたり、 お茶屋さんの店先で焙じている香りがあまりに良くて買ってみたり。 近代化遺産好きのnyaponの希望で、倉敷紡績の記念館を見学したり、 nyamoは、修学旅行の思い出に浸ったり。(笑)

昼食の後は、nyamoがアウトレットモールへ行くと言うので、nyaponは、水島臨海鉄道で乗り鉄。 終点まで乗ると折り返しが1時間40分後だったので、一駅約1.5kmを歩いて戻り、なかなか良い運動になった。(苦笑)

倉敷駅から笠岡に戻ろうとしたら、来たのが岩国行き。 すごいの来た。(笑) 岡山始発だとすると、岩国到着は4時間後。 今の山陽線にも、こんなロングラン鈍行がいるのね・・・。 こんなのを見ると、久しぶりに鈍行乗り継ぎ旅もしたくなるなぁ。

4日目

R2から水玉ブリッジラインで高梁川を渡り、昨日、臨海鉄道に乗り鉄してきた水島から、R430を鷲羽山方面へ。

まずは、下津井瀬戸大橋を見上げられる、田之浦パークセンター。 橋脚の脇にあり、見上げると・・・で、でかい! nyapotaも、見上げて驚愕の叫び声を上げている。 こんなもの作っちゃう日本人はすごいと、プロジェクトXを思い出す。(笑)

「よし、次は上から見るぞ!」と、鷲羽山山頂へ。 nyamota、なぜかヤル気満々で、駐車場から展望台までの階段を完歩。 橋以外にも、瀬戸内の島々と行き交う船、美しい風景に見とれる。

お昼は、「下津井のたこ!」というnyamoの希望で、下津井港近くのお店へ。 刺身も、焼きだこも、天ぷらも、たこ飯も全部美味で大満足♪

ここに来たら、nyaponは下津井電鉄の遺構見物を外せない。 駅跡が残っていて、車両も有志の皆さんが保存している。 廃線跡も、かなりの部分が遊歩道になって残っているようだった。

午後は、チビ2人のために遊園地へ。 絶叫マシン系が多いけど、チビOKの乗り物もいくつかはあってご機嫌に。
その後は、R430で玉野市に入って温泉でさっぱり、市内の道の駅で本日終了。

5日目

朝から宇野港へ移動して、有料駐車場に車を停める。 今日は、乗り鉄&岡山市内見物。 岡山駅では隣のホームに泊まっていた、四国行きの特急にnyamota興奮。 運転士のお姉さんに新幹線カードを貰い、大興奮!(笑)

路面電車で岡山城&後楽園見物に。 MOMOとKUROも見ることができて、nyaponご機嫌。 園内では、名物きびだんごでお茶。 nyamoご機嫌。(笑) nyapotaは、お城の石段でふざけて足を挫いてガックリ・・・。

岡山駅に戻り、nyamotaの希望で入場券を買って新幹線ホームへ。 まだ帰省ラッシュ中。 ものすごい間隔で来る新幹線に驚き! 6分間隔で300km/hの列車を走らせられる、日本人はすごいぞ。 瀬戸大橋に続いて、頭の中でプロジェクトXのテーマが。(笑) nyapota、念願の500系に会えて、やっとご機嫌に♪

再び電車で宇野へ戻り、お留守番のゆずとお散歩。 瀬戸内市で温泉&夕食。 年越しそば(カップめん・笑)を買ってから、道の駅で予定終了。 2013-14の年越しは、ここに決定。

6日目

今日は、一気に東に戻る。 とは言っても、半分くらいの予定。 備前ICから山陽道に乗って東へ。 龍野西SAの「やわらか塩味生大福」でお茶休憩。 元旦ということで年明けうどんの振る舞いもあって、ご機嫌。(笑)

中国道から名神に入った所で事故渋滞3kmに遭ったものの、 概ね順調に京阪神をクリア。 多賀SAで昼食&給油のあと、一宮JCTから東海北陸道へ。 川島HOの水族館で、チビ2人の気分転換を。 この淡水魚の水族館、なかなか展示も見応えがあって良かった。

その後は観覧車にも乗るつもりだったけど、 遊具で遊んでいるうちに、辺りが暗くなってきたので取りやめ。 夕食は、ポスターが気になった「ベトコンラーメン」に 。 ネーミングはともかく、一宮、岐阜あたりのご当地ラーメンらしい。 丸ごとニンニクと野菜を、唐辛子味で炒めたものが入っていて、辛口だけど美味しかった。

東海環状道に入って、我が家の定番、美濃加茂SA&HOで予定終了。 ここ、温泉ではないものの、お風呂に入れるのでお気に入り。

7日目

ゆずさんの朝の散歩をしていると、みぞれ混じりの雨。 出発準備をしている間に晴れてきたけど、 風も強く冷たいので、今日はお買い物日ということに。

普段の買い物は、ほぼ100%通販の我が家。 クルマ旅の途中、地方のショッピングモールに立ち寄り、食料の補充のついでに衣料や雑貨を見て回るのが好き。 地方に行くと、キャンカーの高さや大きさを気にしなくても良い、巨大な平面駐車場のあるショッピングモールが多いので。 年越し旅では、初売りに参戦して福袋を物色するのも楽しみ。

まずは、中央道に入って恵那山TNを越え、飯田市街へ。 さすがに2日ともなると、人気の福袋は完売。 nyamoの洋服福袋と、nyamotaの靴下セットを格安でゲット♪

昼食もモール内のレストランで済ませ、再び中央道へ。 岡谷JCTを過ぎ、諏訪ICで降りてIC隣のモールへ。 電器店の初売りでは何点か気になるものの、思いとどまる。 ワゴンセールの乾電池を補充したのみ。(笑)

諏訪から甲州街道R20を走って、いつもの蔦木宿の道の駅まで。 中央道は、現在、小仏TNを先頭に25kmの渋滞中。 ここから家まで130kmほどだけど、いつものごとく温泉に浸かって本日終了。

8日目

朝の気温はマイナス3度。 塩カルで汚れた窓を濡らした雑巾で拭いていたら、手が切れそう。 河原に下りてゆずさんの散歩。 水たまりは凍っている。

渋滞が始まらないように、早々に出発。 いつもは、韮崎までのんびり甲州街道を走るのだけど、今日は小淵沢から中央道に乗ってしまう。 上り車線のクルマは多いけど、 さすがに大月JCTも、上野原の車線減少も渋滞なし。 甲州街道の相模湖駅前も順調に通過して、給油を済ませても10時過ぎには帰宅できた。

今回の7泊8日 約1700kmも、なかなか充実した旅だった。 岡山は、なかなか見どころが多いのだけど、日程の関係で内陸方面には行けなかった。 また、雪の心配のない季節に訪問を企画せねば。

今回の旅に出発する前にnyapotaには、「桃太郎の国に行くのだから、誰かに『どこから来たの?』と訊かれたら、『金太郎の国から来ました!』と答えるんだぞ。」と言っていた。 何度かチャンスはあったのだけど、残念ながらやはりアドリブは効かず・・・。(苦笑)

【 7泊8日 / 1672km 】

ページトップへ

おでかけレポート TOP へ戻る


Copyright (C) 2001-2017 nyapon.com All rights reserved.