汽車を見に行こう

TOP鉄道趣味の部屋汽車を見に行こうTOP>汽車を見に行こう


約30年ぶりの有馬温泉と「広電」 2010/12

2010年の年末は、珍しく乗用車で出かけ、ホテル泊での広島旅行へ。 往路の途中、神戸の有馬温泉でも1泊する行程でした。

有馬温泉では、食事までの時間に駅までお散歩して電車見物。 広島では厳島神社への移動に、あえてJRの倍以上時間の掛かる「広電」を使い、ゴトゴトと路面電車特有の乗り心地を堪能!

広島では、nyamo & nyapota は初めて、
nyaponも約30年ぶりの「広電」乗車


神戸電鉄

神戸の市街地から六甲山系の山を越え、有馬・三田・三木方面を結ぶ、「神鉄」こと神戸電鉄。 通勤路線ではありますが、最大50パーミルの急勾配を擁し、路線の80%以上が勾配区間という山岳鉄道で、「登山電車」と言っても過言ではありません。 車両は、山岳路線特有の安全対策を施したブレーキなど、興味深い装備を持ちます。

温泉街をブラリと散歩しながら駅に立ち寄ると、ちょうど「ウルトラマン電車」で有名な3000系が停車中でした。
阪急と良く似たデザインの駅名票が、同グループであることを感じさせます。

神戸電鉄 有馬温泉駅     Photo by nyapon



広島電鉄

乗るのも撮るのも約30年ぶりの「広電」。 あの頃の宮島線には旧阪急などの高床車があり、2段階ホームが現役でしたが、既に全車が低床車に。 かつては「電車の博物館」と言われた車両たちも、VVVF制御の新世代車や、いわゆるLRT車、超低床車両の方が目立ちます。

宮島口への往復は Green Liner 3950型で、釣り掛けサウンドが聞ける訳でもなく、最新の超低床車両でもなく、中途半端でちょっとガッカリでしたが、原爆ドーム前で途中下車した帰り、旧京都市電の1900型に乗ることができ、釣り掛けサウンド&路面の感触を堪能しました。

広島電鉄 広島駅電停     Photo by nyapon

広島電鉄 原爆ドーム前−本川町     Photo by nyapon

広島電鉄 原爆ドーム前−本川町     Photo by nyapon



"鉄"の部屋 へ戻る   汽車を見に行こう TOP へ戻る


Copyright (C) 2001-2017 nyapon.com All rights reserved.