汽車を見に行こう

TOP鉄道趣味の部屋汽車を見に行こうTOP>汽車を見に行こう


群馬のローカル私鉄を応援に 2路線完乗 2012/3

今年のお正月休みに計画していた、群馬のローカル私鉄訪問。 ところが、出発直前に家族で順番に風邪を引いてしまい、延期されていました。(苦笑)

今回、春分の日にからめて休暇を取ってリベンジ! 最近の我が家の定番パターン、クルマを「パーク&ライド」用の駐車場に停め、1日フリー切符を利用して、乗り鉄三昧でローカル私鉄を応援してきました。

各地のローカル私鉄で増えてきた、
「パーク&ライド」の駐車場はありがたいです。


上毛電気鉄道   中央前橋−西桐生

ほぼJRの両毛線と平行していながら、前橋も桐生もターミナルはJR駅とは離れた位置にある上毛電気鉄道。 他路線との接続は、赤城での東武線のみで、その東武鉄道が筆頭株主だそうです。

走っているのは700型という車両で、偶然にも先月出かけた静岡の岳南鉄道と同じ、元京王3000系。 前面の塗色は全編成で違い、「次は何色が来るかなー♪」と、なかなか楽しかったです。(笑)

上毛電気鉄道 中央前橋駅     Photo by nyapon


最初に乗った列車の運転士さんは女性でした。 JRや大手私鉄では、女性の運転士さんや車掌さんも珍しくなくなりましたが、地方私鉄でも「ダイバーシティ」は進んでいるのですね。 経営環境は厳しいのでしょうが、職員の採用が行われているというのは、嬉しいことです。

印象に残ったのは、「サイクルトレイン」。 イベントではなく、定常的に自転車と一緒に乗車できます。 結構利用率も高く、乗客の半数くらいは自転車と一緒という感じ。 昼間はスポーツ車などのサイクリング組、夕方は部活帰りの高校生が多かったです。 それほど混み合わず、跨線橋を使うような大きな駅が無いからこそ可能なのですが、これは便利ですね!

  

上毛電気鉄道     Photo by nyapon


クルマを停めていると、「上州の野武士」ことデハ101が中央前橋方面へ走っていくのが見えました。
今日はイベントはなく、バラスト散布の貨車も連結されていないので、貸切運行だろうと予測。 やはりそのようで、中央前橋駅に着くとホームで待機していました。

どうやら、某学校の鉄道研究会の貸切らしく、学校名の標識板が。 まだお客さんは集合しておらず、ホームからじっくり車両の内外を観察させてもらいました。 その後は、駅前で吊り掛けサウンドを堪能しながら発車シーンを撮影。 ラッキーでした!

上毛電気鉄道 中央前橋駅     Photo by nyapon



わたらせ渓谷鉄道   桐生−間藤

上毛電気鉄道を完乗後、桐生から、わたらせ渓谷鉄道に乗車。 車両は、残念ながら唯一のロングシート車、「わ89-101」でした。 往復約3時間の乗車には向かないシートですが、今や貴重になりつつあるバス車体ベースのLE-CarIIに乗れたのですから、良しとしましょう。(苦笑)

沿線で何度か撮影したことがありますが、乗車は初めて。 ずっと乗りたがっていたnyamoもご機嫌でした。 交換待ちで下の写真を撮るような余裕はありましたが、時間の都合で途中下車できず、さすがにnyapotaはちょっと退屈していたようです・・・。

わたらせ渓谷鉄道 神戸駅     Photo by nyapon



ページトップへ

"鉄"の部屋 へ戻る   汽車を見に行こう TOP へ戻る


Copyright (C) 2001-2017 nyapon.com All rights reserved.