汽車を見に行こう

TOP鉄道趣味の部屋汽車を見に行こうTOP>汽車を見に行こう


風光明媚なナローの山岳路線、こども汽車♪ 2014/3

春の愛知旅2日目は、朝から「愛知こどもの国」へ。 チビ2人を遊ばせるためではありますが、nyamotaが楽しみにしているココのしゅしゅぽっぽは、「大人の汽車好き」(笑)にもちょっと有名。 実は、nyaponも結構楽しみにしていたのでした・・・♪
オフショットは「きしゃみに日記」で。

「小さいしゅしゅぽっぽ、いたじぇ♪」


機関車は本物の蒸気機関車で、8tのBタンク機です。 B11とB12の2両が活躍していて、当日はB11が稼働していました。 山の斜面に作られた遊園地を一周する路線なので、この勾配標のとおり30パーミルという急勾配もあり、かなり勇ましいブラストを響かせて走っていました。 タンク機なのにテンダー? 機関車の次位はテンダー風の電源車で、ディーゼル発電機が積んであるようです。

愛知こどもの国 こども汽車     Photo by nyapon


海側に出ると、車窓には三河湾の絶景が! 眼下には、名鉄蒲郡線の列車も見えます。 そして、こんな「鉄道写真」の被写体としても立派なものです。(笑) 1周約7分の汽車旅ですが、これがたった大人200円、子供100円(入園は無料!)で楽しめるのですから最高ですね!

愛知こどもの国 こども汽車     Photo by nyapon


客車も、おもちゃっぽくない、どこかの軽便鉄道を思わせる好ましいものです。 赤と青の2本あり、機関車と同じく、日によってどちらか1本が運用に付くようです。 この駅のホームの風景を見ても、「遊園地の汽車」レベルではない、本格的なナロー鉄道の雰囲気でした。

愛知こどもの国 こども汽車     Photo by nyapon


ページトップへ

"鉄"の部屋 へ戻る   汽車を見に行こう TOP へ戻る


Copyright (C) 2001-2017 nyapon.com All rights reserved.