汽車を見に行こう

TOP鉄道趣味の部屋汽車を見に行こうTOP>汽車を見に行こう


忘年会明けの休暇に江ノ電見物へ   2004/12

木曜日の夜に鎌倉の由比ガ浜にある会社の保養荘で忘年会があったので、翌金曜日に休暇をとって江ノ電見物へ。 当日は雲一つない快晴で、絶好のお散歩日和。 一日乗車券の「のりおりくん」を買って鎌倉を出発、途中下車をしながら2駅ほど歩いてみたり、のんびりと散策してきました。

サボがX'masバージョンになっていました♪(笑)


江ノ島電鉄 鎌倉高校前     Photo by nyapon

当日は、2編成が運用に入っていたこの300形を中心に撮影しました。 旧型車両のほとんどいなくなった江ノ電にあって、今や「顔」ですからね。 逆光で輝く朝の海と、自転車をポイントにしつつ「湘南らしく、サーフボードを積んだ車でも通らないかなぁ」などと思っていたら、ビーチクルーザーに跨った若い兄ちゃんがやって来て、いい位置に佇んでくれました。 兄ちゃんナイス!(笑)
・・・なのに、なのに、どうしてこちら側のパンタグラフが上がってないんだあぁぁ・・・!(TT)


江ノ島電鉄 稲村ガ崎−七里ガ浜

R134と江ノ電が併走するポイントで、少し霞んでいましたが富士山が見えました。 もう少し早起きすれば、クッキリとした富士山バックが撮れたかもしれません。

江ノ島電鉄 鎌倉高校前−腰越

道路上を走る「併用軌道」の区間を見たくて降りた腰越駅ですが、まずは車内から見えた満福寺参道の石段から。 藤沢側は凛々しくパンタが上がっています。


江ノ島電鉄 鎌倉高校前

2000形(左)と1000形(右)の、デコボココンビの連結面から見る湘南の海。 つい「新しい車両」と言ってしまいますが、1000形は運行開始25周年なんですね。

江ノ島電鉄 長谷−極楽寺

長谷駅から極楽寺方面へ歩いていて見かけた御霊神社。 完全に参道の途中を江ノ電が横切っています。(笑) 沿線には普通の民家でも「門を開けるとまず線路」という家も多く、江ノ電独特の良い雰囲気です。



"鉄"の部屋 へ戻る   汽車を見に行こう TOP へ戻る


Copyright (C) 2001-2017 nyapon.com All rights reserved.