家のまわりの風景

TOP田舎暮らしの部屋>家のまわりの風景


家から会社までクルマで30分ちょっと、いわゆる郊外型ショッピングセンターまで約10分。 基本的にクルマ生活で、食料品を含めて買い物も90%がネット通販&宅配の我が家には、全く不便はありません。 nyamoの名言、「Amazonと生協があれば、どこでも生きていける。」(笑)
でも、公共の交通機関を使おうと思うと、まずバス停まで徒歩10分、そこから駅まで1時間に2・3本のバスに乗り、約45分かかります。 午前便での海外出張の際は、成田に前泊したくなります。(苦笑)

しかし、この環境には代えられません。 「どうしてワザワザそんな所に家を?」と訊く人もいますが、nyaponとnyamoの価値観では、例え駅から徒歩圏内でもギッシリと家が建ち並び、チョロッと木を植えた公園を造成し「自然に囲まれた環境」と宣伝するような住宅街に、同じ予算では庭もほとんど無いような家(苦笑)をワザワザ買う事は考えもしませんでした。 どうせ、電車も年に数回しか乗らないし・・・。


我が家へのアプローチ


左下から上ってきて、右上のカーブの先が我が家。 軽自動車じゃないと、切り返しが必要です。

荷物の配送などで少し大きいトラックだと、バックで登っていくなど苦労されています・・・。

家からバス通りまでの最短ルート(笑)


上の写真のようなつづらおりの道なので、林の中を突っ切るのが近道。 夏草の茂る季節は通行不能な上、子供しか使いませんが…。(笑)

でこぼこで急坂なので運動靴でしか歩けません。
はっきり言って「けもの道」です。

これが最寄りの「バス通り」


その後、斜面の安全対策のために木が伐採され、風景がかなり変わってしまいました。

近くには、戦国時代の合戦場跡などの史跡や、少し走ると湖(ダム湖ですけど…)もあります。

「バス通り」と言ってもバスはこれ・・・


しかもこのバスは駅まで遠回りをしてくれるので、実際には、もう少し本数が多くて真っ直ぐ駅に向かう路線のバス停まで、家から10分ほど歩きます。

それでも最寄りの駅まで約45分かかるのですが。
(最寄りとは言えないか…。)

この河原まで徒歩15分程


夏は川遊びの人がたくさん。 付近には、鮎釣りの人もよく来ています。 橋の上からでも魚が見え、水も結構きれい。

上流にダムができる前は水量ももっと多く、渓谷と呼ばれていた所です。

近くの山の頂上から(その1)


家から自転車で15分、さらに山道を歩いて5分ほど登った山の頂上からの眺め。 この写真では分かりづらいですが、中央に横浜ランドマークタワー、奥に房総半島の山並みまで見えます。 左の方に目を移すと、新宿副都心まで見えました。

ご近所さんは、初日の出はここから見るそうです。

近くの山の頂上から(その2)


丹沢の方向を望む。 家から見えることに憧れた大山は残念ながらこの山の向こう側。

いい天気の山の頂上で、秋風に吹かれるススキの穂を見ていると幸せな気分になります。


Copyright (C) 2001-2017 nyapon.com All rights reserved.