HONDA SuperCub 90 DX 緑のたぬき号(II)

TOPクルマ旅とバイクの部屋夫婦でリターンライダー>HONDA C90 DX 緑のたぬき号(II)


HONDA SuperCub 90 DX  ※HA02@2001

以前から、一度はカブに乗ってみたいと思っていました。 現行の110、C125やクロスカブ、ハンターカブなども魅力的ですが、最近は、古くて安いカブでも買って遊ぶのも良いなと。

nyamoとも、「錆びだらけのやつをバラしながら、部品を磨いたり交換したりするのも楽しそう。」「むしろ、カブは錆びてる方がカッコいい。」とか。

おもちゃにするなら、FI化前のキャブ車がいいな。 プラスチッキーになる前の「鉄カブ」が好きだし。 加えて、30km/h制限や二段階右折はつらいとなると、原付二種で、現行の110でなく70か90になるんだな・・・。

とは言っても、熱心に探し回っていた訳ではありませんでした。 ある休日、お買い物の帰り道に、突然nyamoが「いつも前を通るバイク屋さんにちょっと寄ってみようよ」と。 すると店頭の中古車展示エリアに、とても程度の良いスーパーカブ90が!
nyamo氏、バイクの神様に呼ばれたのか?(笑)

クルマもバイクも、中古車との出会いは一期一会。 当初の「ポンコツを直して遊ぶ」とは違うけど、ご予算内でこれだけ程度が良いモノは少ないだろう。 即決!

こうして、念願の「カブ主」になれました♪

 SuperCub 90 DX スペック  ※HA02@2001

全長(mm) 1805
全幅(mm) 660
全高(mm) 1015
軸距(mm) 1175
車両重量(kg) 86
エンジン種類 空冷4ストローク単気筒
総排気量(cc) 85
内径×行程(mm) 47.0×49.5
圧縮比 9.1
最高出力(kW[PS]/rpm) 5.1[7.0]/7000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 7.7[0.79]/5500
燃料供給方式 キャブレター
始動方式 キック式
燃料タンク容量(L) 4.0
変速機形式 常時噛合式3段リターン
(停車時のみロータリー)
ブレーキ形式(前/後) 機械式ドラム / 機械式ドラム
タイヤサイズ(前/後) FR: 2.50-17 / RR: 2.50-17

 インプレッション

バイク乗りの間では、よく「カブに始まり、カブに終わる」なんて言われますが、nyaponはこれが初カブでした。 乗ってみると、構造や各スイッチ類の配置、操作方法まで含めて、バイクの一車種というより「スーパーカブ」という乗り物なんだなという感覚です。 自動遠心クラッチとシーソーペダルによるシフト操作は、普通に走るだけならすぐに慣れましたが、まだまだ勉強中で・・・。

 ここが、○

久しぶりのキャブ車。 チョークとキック始動による「目覚めの儀式」が楽しい♪(笑)
自動遠心クラッチは、楽だしエンストの心配が無いのでキック始動のみでも安心。 車重86kgの軽さと小回りで押し歩きも苦にならず、どんな細道でも臆せず入って行けそうです。
街中から田舎まで日本の風景に溶け込む唯一無二のデザインは、見惚れてしまうほどです。 とても可愛らしくも見えますが、あくまで合理的な設計による造形だというのも良くて。

 ここが、×

そもそも、この年式のカブを買って「遅い」とか言う人はいないと思いますが(苦笑)、7馬力で3速ミッションの子に国道バイパス級の流れに乗ることを求めるのは可哀そうです。 60km/hで巡行すると、エンジンが唸りを上げてお尻がビリビリしてきます。
ウインカーのスイッチが右側なのは、その意味を理解しています。 しかし、スライドが左右でなく上下なのは、いまだに慣れずスロットルと同時操作で指がつりそうになることも・・・。(笑)

 お散歩ツアラー化 (基本はノーマル維持のつもりで・・・)

Ver.0.1.0 納車!

納車当日の恒例、何も手を加えないオリジナルのうちに、記念写真を撮っておきましょう。

2001年式で、走行は11,500kmのワンオーナー車です。 何より、フルノーマルなのが嬉しい♪
鉄フレームには相応の小傷や小さな錆があるものの、ホイールやスポークはまだ輝いているくらいで、とても綺麗な車両です。

タイヤやバッテリーなどは、ここ2,3年で交換済み。 前後キャリアとミラー、前後ステップのゴムは新品に。 納車時には、ハンドルのグリップもサービスで交換されていました。

Ver.0.2.0 「箱」積載

カブに丸っこいリアケースを載せるのは、個人的に好みではありません。 昭和レトロな木箱を載せている方も多く、ちょっと憧れますが、まずは実用性重視でホムセン箱にしました。

この箱、防水パッキンに荷締めベルトの穴も装備していて、まさに「カブに積んでくれ」と言わんばかりの商品です。 これで2,000円ほどで買えてしまうのですから、劣化交換を繰り返しても、GIVI箱よりコスパ良し。 アイリスオーヤマ、最強!(笑)

Ver.0.3.0 ヘッドライト ハロゲンバルブ化

ヘッドライトのバルブは、LEDどころかハロゲンでもない、いわゆる普通の白熱電球。 とにかく暗くて、暗順応に時間のかかるトンネルなど全く路面が見えず、フロントキャリアへの反射で点灯しているのが分かるだけです。(苦笑)

しかし、鉄カブに青白い光は好みではなく、純正と同じ30Wのハロゲンバルブに。 劇的な変化はありませんが、トンネルで路面を照らしているのは見えるようになりました。 ⇒ ブログ


消耗品交換 & メンテナンス

シートマウントラバー 交換

シートは、閉じると吸盤でタンク上面にくっ付く構造です。 しかし、ゴム製の吸盤が原形を留めないほど劣化していて、走行中の重心移動でお尻がシートごと左右に振れる状態でした。 nyamoも、「あれだけは、早く何とかして!」と。(苦笑)

さすが、ロングセラーで構造も大きく変わらないスーパーカブ。 2001年式などまだまだひよっこで、相当前の車体でも普通に純正部品が手に入ります。 早速取り寄せて交換しました。

シートを落とすと「ピタン!」という音がしてくっ付き、何だか可愛らしいです。(笑) もちろん、走行中にシートが左右に振れることも無くなりました。 ⇒ ブログ


エアークリーナー エレメント 交換

フレームの錆落としをしたくてレッグシールドを外し、ついでにとエアークリーナーボックスを開けてみるとエレメントは結構な汚れ具合。 早速手配して、サクッと交換してしまいました。

埃がつまっているというよりも、ブローバイガスが多いのでしょうか。 オイルっぽい染みと、外した直後は結構なガソリン臭が。 それでも、やはり結構息苦しかったのか、交換後は中高速での振動が大幅に減ったのは驚きでした。

キャブレター 分解清掃

納車時から気になっていた、キャブレターの燃料のにじみ。 まあ、これはOリング類を交換すれば直るだろうと、GWのおうち遊び第一弾はキャブレターの分解清掃にしました。

開けてみるとフロート室は拍子抜けするくらい綺麗で、各ジェット類も詰まりは無く、劣化部品もありませんでした。 しかし、やはり漏れ部のOリングはペッタンコ。 丁寧に清掃した後、セットで購入していたOリングとすべて交換しました。 ⇒ ブログ

エンジン磨き&ブリーザーホース, ホースクリップ 交換

白錆と赤錆で粉をふいていたエンジンを、軽く磨きました。 まずは真鍮ブラシで全体をコシコシして、細かい部分はルーターで。 ピカピカ鏡面仕上げのエンジンは好みではなく年式相応のヤレ具合にしたいので、あえて控えめに。 最後にシリコンスプレーを吹いて汚れを拭き取ると、赤錆に埋もれていた「85cc」の陽刻も、はっきり見えるようになりました。

長年の「乳化した何か」が付着したブリーザーホース。 元は透明だったようですが、何だかすごい色に変色していました。(苦笑) 初めてプラグを抜いた時は結構な量の水が溜まっていたので、純正は黒いゴムホースながら、目視確認できるようにと今回も透明ホースを採用しました。

ホースクランプは鋼製とステンレス製が混在していて、燃料コック部など、真っ赤に腐食していました。 すべてワイヤータイプのクランプですが、経年でゴムに食い込むし、つまみ辛いので嫌い。(笑) なので、プレートタイプのクランプを各種サイズの入ったセットで購入し、すべて更新しました。 ⇒ ブログ


タペット調整(バルブクリアランス調整)

最近は治まっている気がしますが、納車の頃はカチカチ音が少し気になっていたので、タペット調整をすることに。 正常値であれば、バルブクリアランスの確認だけで終了すれば良いなと。

しかし、規定値が吸気側・排気側とも 0.05mm ±0.02mmのところ、どちらも0.1mmのシックネスゲージがすんなり入ってしまう状態。 やはり治まった訳ではなく、あのカチカチ音って聴き慣れてしまうものなのですね・・・。(苦笑) ⇒ ブログ

前後ブレーキ 点検&清掃

タペット音と同じく、以前は気になっていたのに最近は治まってしまったフロントブレーキのジャダー。 とはいっても、こちらはそれほど酷かった訳ではないので、固着していた錆や汚れが取れたのかなと、分解点検してみました。

リアは、ブレーキダストもほとんど溜まっておらず、ハブダンパーも綺麗でしたが、フロントは結構な汚れと錆が。 やはり、これがジャダーの原因だったのでしょう。 ⇒ ブログ

フレーム錆止め&クラッチ調整

鉄板の溶接で組まれた、鉄カブのフレームやボディ。 経年によりエッジ部や小傷から赤サビが出ている箇所があり、「腐食」の域に達しないうちに手入れをしておこうと、前日の作業が終わった後に黒サビ転換剤を塗っておきました。

緑のたぬき号の「タスマニアグリーンメタリック」だと、影になるような部位なら黒サビ化すると塗装はいらないくらいですが、タッチペンも事前に入手してありました。 20年落ちの塗装より少々色味が濃いですが、充分な仕上がりになりました。

GWのメンテの仕上げに、クラッチ調整を。 カブに搭載されている最も偉大なメカ「自動遠心クラッチ」。 その調整機構があるのは知っていましたが今まで触っておらず、まずは現在の摩耗に対して正しい状態なのか確認しておこうと。

マーキングしていたアジャスターの位置が、調整前より1/8回転ほど変化しました。 どうやら今まではキック時にクラッチが少し滑っていたのか、足を踏み下ろした時の力の伝わり方が全く変わり、始動性が向上しました。 ⇒ ブログ




ページトップへ

夫婦でリターンライダー TOP へ


Copyright (C) 2001-2021 nyapon.com All rights reserved.