HONDA Sh mode ぴーにゃっつ号

TOPクルマ旅とバイクの部屋夫婦でリターンライダー>HONDA Sh mode ぴーにゃっつ号


HONDA Sh mode  with ぴーにゃっつ

2014年、CB125で「一応」リターンライダーしたnyamo。 12年半ぶりに夫婦でお散歩ツーもしてみましたが、久々のMT車では走行を楽しむ余裕まではなかった模様。 「原付二種クラスのスクーターがいいなぁ・・・。」と。

このクラスでは、定番はやはりPCXでしょう。 しかし店頭で跨ってみると、以前乗っていた初代フォルツァでほどではないけど、取り回しが少々不安だと。

そこで、以前からnyaponが気になっていた、ホンダの大径タイヤスクーター、Shモードを見せてみました。 国内ではどうやら超不人気車のようで、当然店頭に実車などなく、メーカーのWebサイトの画像でですが。(苦笑)

フロント16インチの大径タイヤ!

「この大きいタイヤはね、アジアの悪路とか、欧州の石畳に対応したものなんだよ。」 「デザインは欧州車みたいだし、メッキのモールや色使いもお洒落で、女子にも合いそうだよね。」 などとプレゼンしていると、軽くても「いかにも通勤実用車」という車種には抵抗があったnyamoも、すっかり気に入ったようです。(笑) 大径タイヤのおかげで、「スクーターというより、ATのバイク」「CVT搭載のカブ」というイメージだそうです。

しかし確かにこの価格だと、ホンダなら少し予算を足してPCXか、逆に少し安いリード125に行くのが普通でしょうね。 販売台数の実績を見ても、今後、新型の日本向け仕様が出ることは無さそうな・・・。(苦笑)

メーター周りもメッキ加飾で綺麗

ブラウンのシート、フェンダーもお洒落♪

 Sh mode スペック

全長(mm) 1930
全幅(mm) 665
全高(mm) 1105
軸距(mm) 1305
車両重量(kg) 116
エンジン種類 水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cc) 124
内径×行程(mm) 52.4×57.9
圧縮比 11.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 8.4[11]/8500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 12[1.2]/5000
始動方式 セルフ式
燃料タンク容量(L) 5.5
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
ブレーキ形式(前/後) ディスク / ドラム
タイヤサイズ FR: 80/90-16MC 43P
RR: 100/90-14MC 51P
製造国 / メーカー ベトナム / Honda Vietnam

 インプレッション

 ここが、○

■欧州車のようなスタイル

デザインなど完全に個人の好みの問題ですが、大径タイヤによるデザインから一見欧州車のようです。 クロームメッキのパーツも効果的に配されていて、質感も悪くありません。 ブラウンのシート、リアフェンダーもお洒落で、お気に入りのポイントです。 女子にも似合うデザインだと思います。

■充分な動力性能

PCX、リードなどと共通の125cc eSPエンジンは、決して「速い!」とは思いませんが、充分にパワフルでクルマの流れもリードできます。 予想以上に、エンジンブレーキも良く効きます。 これを嫌がる人も多いようですが、加減速が多い走行パターンなど、変に空走感があるより走りやすいです。

■直進安定性が抜群

これこそ大径タイヤの効果だと思いますが、巡航中の対外乱性が高く、とても安定しています。 横風時や段差乗り越え、減速舗装の通過などもスムーズで、ちょとした悪路やダートにも躊躇せずに入って行けそうです。 ハンドルは切れるので、小回りも効き、Uターンも心配ありません。

 ここが、×

■メットイン・・・できない

シート下のトランクは小さく、18Lしかありません。 ジェットタイプのヘルメットでも、nyaponの物もnyamoの物も入りはしますが、シートが閉まりませんでした・・・。(苦笑)

■非実用的なアイドリングストップ

「バッテリーに負担がかかるので、オススメしません」と言われるようなシステムは不要ですね。 せめてクルマのように、バッテリーが弱っている時は、自動的にキャンセルしてくれる機構でもあれば。

■汎用性の低いリアキャリア

リアのキャリアは標準装備ですが、リアケース用穴位置がホンダ純正用の微妙なものです。 ここは、デザインよりも汎用性重視の形状にしておいてくれれば良かったのですが。

 とりあえず 快適化

リアケース 装着

トランクが小さいので必須です。 キャリアは標準装備ですが、穴位置が純正専用なので、汎用品ではベースの加工が必要でした。

あまり大き過ぎず、丸っこいデザインの方が似合うだろうと、グラトラで使っていた29Lサイズのものを移植しました。 丸い形状とロック部の作りのおかげで、実質容量は少なめです。 しかし、キーを挿さなくても開閉することができて脱着もワンタッチと、お手頃価格ながら使い勝手や質感はGoodです。




ページトップへ

夫婦でリターンライダー TOP へ


Copyright (C) 2001-2017 nyapon.com All rights reserved.